こけら落とし|Kokeraotoshi

令和4年5月に神楽舞台の竣工こけら落とし公演が行われ、新設された神楽舞台で様々な技芸の奉納がなされました。

令和4年5月3日 神楽舞台竣工祭竣工式

巫女舞

「鼓舞書」「六華亭遊花 落語寄席」「さとう宗幸コンサート」

こどもの日「伊達武将隊」ほか

「花座寄席」桂宮治ほか「Tae-chuコンサート」「城生野神楽」

「浅野祥コンサート」


5月21日

アンコール奉納公演

 

10:30 巫女舞

10:45 大黒舞 郡山芳治

11:00 日本舞踊 藤間多紅会

13:00 ハワイアンフラダンス プチレフア

13:30 日本舞踊 山根流

14:00 児童劇団スイートピー『猫のトラ子』

15:00 巫女舞


5月18 日 ヴァイオリニスト古澤巖 奉納公演 コンチェルト-海-

世界的ヴァイオリニスト古澤巖さんのコンサートが神楽舞台にて開催されました。

🔳 古澤巖 プロフィール

年間150公演を継続する日本を代表するヴァイオリニスト。世界を舞台に幅広い活躍を続けている。

1959年東京生まれ。3才半でヴァイオリンをはじめ、毎日学生音楽コンクール中学生の部第1位、1979年日本音楽コンクール第1位。桐朋学園女子高校音楽科、桐朋学園大学首席卒業。

葉加瀬太郎、高嶋ちさ子との「三大ヴァイオリニスト」及び、東儀秀樹、cobaとの「TFC55」の活動は2019年迄行った。ヨーヨー・マ、ミハイル・プレトニョフ、ペーター・ダム、アサド兄弟、高橋悠治、ステファン・グラッペリ、フジコ・ヘミング等と共演。

2013年より毎年ベルリンフィル・メンバーとのツアーを継続中。

2019年、宗次コレクションより最高のストラディヴァリウス「サン・ロレンツォ」を生涯貸与。

2008年、明治神宮に「祈りの杜」を作曲奉納以来、全国各地の神社で奉納公演を行っている。